Recent Trackbacks

August 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

研究

2004.11.16

インターネットガバナンスに関する意見募集

総務省にこのための窓口が出来たらしい。
http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/041112_4.html

それよりも、もうちょっと日本語のデータ出して貰えると助かるのだが。
WSISのページに行けば色々と資料はあるんだが、英語ばかりで読むのが大変……。

2004.02.15

オープン・アーキテクチャー

波状言論03号やっと読み終わった。メルマガとは思えない長さだ・・・。
宮台氏のオープン・アーキテクチャーに関する発言が私自身の研究にも関連してくるか。

「ポシビリティ(可能性)があればプロバビリティ(蓋然性)も得られる」

この考え方をもとにするしか、結論がでそうにないと考えていたから。
確かに、蓋然性が無いというのはあるし、結果としてはそうなると思う。というよりも、蓋然性がありすぎて大量に参加してしまうとそれはそれで困る。
誰もが参加してそれが世界規模になったら確実に議論はまとまらないだろうから。
そういう意味において、私は可能性だけでも確保されていればいいのではないかと考えてしまう。
だから、人を見て法を説くということなのかな。
議論ができる、その問題に利害関係がある(興味がある)人には参加して欲しい?

もうちょっと読み込んでからまた考えよう。それ以前に資料集めないと・・・。