インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« IPv4アドレスの枯渇 | トップページ | インターネットの国境 »

2007.06.20

IPv4アドレスの枯渇(2)

 昨日、JPNICからもIPv4アドレス枯渇に関するアナウンスが行われている。
  ・「IPv4アドレスの在庫枯渇状況とJPNICの取り組みについて
  ・「IPv4アドレスの在庫枯渇に関して


 IPv4アドレスが、現在のままでは近いうちに無くなるというのが一致した見解になってきたといえるようだ。
 あとは、この状況に対してどのような対応をするのかだが、IPv6化と、使われていないIPv4アドレスの回収を同時に行っていくということを、JPNICは指向している。
 中でも、今回の発表で面白いのは、下記の部分じゃないかな。


JPNICは、 NATだけで今後長期に渡ってインターネットにおけるアドレス需要が全てまかなえるとは考えていません。


 私は技術に詳しくないので、これが正しいのかどうかがわからない。だから、この辺の根拠がもっと明らかになってこないかな、と思う。
 これが明らかになると、かなりインパクト大きいんじゃないかな。

08:00 PM [ネットワーク] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/15500346

この記事へのトラックバック一覧です: IPv4アドレスの枯渇(2):

コメント

コメントを書く