インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« インターネットの法と慣習 | トップページ | 著作権法学者の価値 »

2006.07.18

MBA恋愛戦略

480476128401_pe00_ou09_thumbzzzzzzz_v572
先日茶会員数名とロージナ付近の本屋に行った際に、なぜかグロービスのMBAシリーズの横に並べてあった本。
MBA恋愛戦略」というあまりにネタ的なタイトルに惹かれて、茶会員で争奪戦を繰り広げたあげく、購入。

一番の感想は、戦略編でとめておけばよかったのに……という感じかな。
戦術編に入ると、すでにMBAでもなんでもなく、恋愛ハウツー本なので。いや、むしろ後半部が普通必要なのかもしれませんが。私はネタとして買ったので……。

この本を評価するのは、きっと試してみないと何ともいえないのかな。私は試す気がないので、茶会員の誰かに試して欲しいわけだが……。

とりあず本の内容としては、前半部は経営戦略本を恋愛に置き換えた感じかな。「自社」を「自分」に置き換えて、市場は「女性全体」にするとこんな感じになるのではないかと。
言い忘れたけど、男性が女性を口説くための本で、完全に男性向け。そして、ゴールは「恋人になるまで」で、結婚というわけではありません。

この本で一番面白かったのは、自分のシェアを知るための方法かな。
ターゲットを絞ってアプローチをかけ始めてからの話なんだけど、その際に彼女の心の中で自分がどれだけのシェアを占めているのかについて、携帯メールの量を提示している。彼女の携帯メール数の中で自分とのメール数が何パーセントに達しているか、ということ。
その割合が大きければ、心理シェアを占めている、というわけだ。
まあ、彼女の携帯メールの全体数を知ることが大変そうだけど、知ることができなかったら、それはシェアが取るに足らないということなのかもねぇ……とか思いつつ。


とりあえず、この本のおかげで昨日はネタに困らなかった。
あと、これを読むことでSWOT分析とか5フォース分析とか、そういう用語を覚えることもできるんだけど、どうせならグロービスの本とかその辺で読んだ方が、良いんじゃないかな……。
恋愛に置き換えてまず理解して、それから経営に、というのは流れとしてちゃんと頭に入るんだろうか、という気もするので。

ああ、でも、恋愛戦略を試して恋人を作れたのであれば、それを試してからだと、MBA理論をより効率的に学べるのかも?
誰か試して欲しいなぁ……。

05:00 AM [書籍] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/10978902

この記事へのトラックバック一覧です: MBA恋愛戦略:

コメント

コメントを書く