インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« 音楽未来形――デジタル時代の音楽文化のゆくえ | トップページ | 音楽配信躍進の年の終わりに思う »

2005.03.18

Last.FMを使ってみる

Last.FM
この間KNNの神田さんに教えてもらったのだが、このサービスはかなり面白い。
これは、自分専用のラジオとSNS機能がミックスしたサービスと言えばいいのだろうか。
自分の選んだ曲をストリーミング配信で聴き続けることができ、また、その選曲リストからその人の趣向にあった曲を配信するという機能を持っている。
他にも同時に自分の選曲と似たような傾向を持っている人を紹介してくれて、その人のリストをきくができたり、ネットワークをつくったりすることもできる。

なんていうかな、聞ける曲の多いrecommuni?(笑) まああっちはDL型だし、根本的な理念が違うわけだが。

曲としては洋楽が多いが、日本の曲も結構聴けたりする。聴くことができるかどうかの基準はどうもよくわからない。同じ歌手の曲でも、聞けるものと聞けないものがあるし。それに洋楽だから全部聞けるというわけでもない。私が好きなアーティストはかなり少ない数しか配信されてなかった……。
ちなみに料金は寄付制で、払わなくても使えるっぽい。ただ、今のところまだ運営に必要なお金の50%しか集まってないらしいので、払える人は払ってくれという感じかな……?

まだはじめて全然たってないので、色々と使ってみてからまた書こうと思う。とりあえず、このサービスを使っていれば、バックミュージックには不自由しないかもしれない。

11:51 PM [ネットワーク, 著作権] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/3349315

この記事へのトラックバック一覧です: Last.FMを使ってみる:

» Last.FMのDonate(寄付)方法 [FAKE BLOG から]
Last.FMのお試し期間(1ヶ月)がそろそろ終わりに近づいてきたのでDonate(寄付)しました。早々とDonateするつもりでPayPalのアカウントは既に... 続きを読む

受信 Mar 21, 2005 8:19:44 PM

コメント

コメントを書く