インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« パブリックコメント:著作権保護期間延長 | トップページ | パブリックコメント:ライセンス »

2005.02.07

パブリックコメント:著作権保護期間延長(2)

知的財産推進計画2004に関するパブリックコメント

下のエントリとはまた別個に著作権保護期間延長について。現行制度に関する対策みたいな感じで。
著作権を延長するなら、遡及適用は無しにしろ、と。

2.著作権の保護期間の延長に際しては、遡及適用を禁止する。

著作権の保護期間の延長に際して、現在は既存の著作物に対しても保護期間の延長が行われている。しかし、既に著作権の保護期間は著作者の死後50年間に達しているわけであるから、保護期間を延長しても遺族や権利承継者に対して利益が生じるだけであり、創作の活発化にはつながらない。
そもそも著作権は新たな創作へのインセンティブを産み出すことに目的がある。しかし、既存の著作物については現行制度において投資回収が可能なものであるとして制作が為されているはずであり、それ以上に保護を与える必要は無い。
著作権法で認められる諸権利についても、創作時点で想定されていない用途については、創作のインセンティブとして機能しないのであるから、保護を拡大する必要はない。ただし、新たな用途が既存の用途の市場を代替する場合は、その限りにおいて新たな用途についての権利を認めるものとする。

---

いや、だって、前の著作物をそれ以上に長く保護する必要性はないでしょと。普通、現行の法律で投資を回収したり、ということを考えてだしているはずで。

05:26 PM [著作権] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/2840243

この記事へのトラックバック一覧です: パブリックコメント:著作権保護期間延長(2):

コメント

コメントを書く