インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« マイフォト | トップページ | livedoor Blogの規約が変わったそうだ »

2004.11.10

BLOGの削除規定

はてなやLivedoorの削除基準を巡って、色々と論争が起きているようで。
はてなの削除要請基準
ちょっと気になったブログ
香田証生さん殺害映像に関するブログ削除の件
「表現の自由のための楯であれ」といわれても

利用規約を色々と見て回ってみると、結構削除規定を用意しているところは多いと思うし、それぞれ結構適当なことが書いてあるように思う。

いくつかあげてみると、
楽天広場 (利用規約

8.会員が作成したページの変更、削除について
楽天は、以下の事由がある場合には、会員に対する事前の通知なく掲載の中止、内容の編集、会員登録の停止など必要な措置を行うことができます。
・ 内容が本規約に違反したものである場合
・ 楽天が内容を直ちに変更・削除する必要があると判断した場合
また、これらの措置によって発生する何らの責任も楽天は負わないものとします。

エキサイトブログ (利用規約

7. 情報等の削除や移動等の措置
エキサイト株式会社は、エキサイトブログに掲載された情報等が本規約に違反するものである場合、即時に、エキサイト株式会社が必要と判断する範囲で情報等の全部・一部の削除若しくは修正・編集を行い、登録ユーザーによるエキサイトブログの利用を禁止若しくは制限し、又は登録ユーザーのエキサイトIDを抹消する権利を有するものとします。また、エキサイト株式会社は、エキサイトブログの掲示方法、カテゴリー、掲示期間等、エキサイトブログの設営に関する一切の事項を決定する一切の編集権を保有し、情報等の再分類、カテゴリーの統合、不適切なカテゴリーに投稿された情報等の移動等を行うことができます。もっとも、エキサイト株式会社は、情報等の削除権の行使又は不行使に関し、何らの義務や責任も負担するものではありません。

So-net blog (利用規約

2.弊社は、利用者が本サービスを通じて行った情報の発信が、前項で定める禁止事項のいずれかに該当し、もしくは該当するおそれがある場合、またはその他の理由で不適当であると判断した場合は、弊社の判断により、利用者に事前に通知することなく、以下の措置を行うことができるものとします。
(1)管理者に対する利用者が発信した情報の削除の要求。
(2)利用者が発信した情報の削除の実施。
(3)管理者による本サービスの利用の停止。


利用規約の禁止事項って結構たくさんのことが列挙されているし、削除されている記事ってだいたいそれにひっかかっているんじゃないだろうか。
BLOGサービスを利用する際には、もうそのくらいは割り切って利用するしかないんじゃないかと思えてならなかったり。問題は、事前の通知無く削除されるかどうかくらいだろうか。ローカルに保存するくらいの余裕は欲しいかな。

ココログにも削除規定はあるんだよな。ただ、niftyの場合は先に連絡くらいはよこしてくれそうだと思う。なにせ、今までずっとこういう対応をしてきて、ノウハウも蓄積しているだろうから。
niftyにある程度信頼を置いているのは、有料のサービスであることと、私の個人情報を持っている以上、niftyが慌てて対処する必要がないだろうという予測もある。
個人情報を保持されているからこその安心というのもあるのではないかと最近考えたりする。

まあ、あまりにも法務部が弱かったり、セキュリティ意識が低かったりする企業だと、個人情報を預けること自体が不安で仕方ないわけだが。


11:09 PM [BLOG] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/1925693

この記事へのトラックバック一覧です: BLOGの削除規定:

コメント

コメントを書く