インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« 洋盤輸入禁止への流れ | トップページ | 需要予測の資料 »

2004.05.28

文部科学委員会

すごく面白いことになったようで。
官僚も大変だな。細かいデータまで全部押さえておかないといけないのか。
しかし……民主党、かなり調べたんかな。それとも、誰か入れ知恵したのか?
質問に関しては、かなりの部分をblog等で出たものに負っていたようだったが……。

ビデオライブラリ
(ちなみにまだ全部は見てない。誰かテキストに落としてくれんかな)

三菱総研と文化科学研究所が行った調査について読み解いた方がいたので紹介。
三菱総研「アジアにおける日本音楽ソフトの需要予測」を読み解く
文科研「日本音楽ソフトの還流量調査報告書」を読み解く
ちなみに、私はこの手のデータ分析はわかりません。就職したら必要なんでしょうが。

08:38 PM [著作権] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/670347

この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学委員会:

» 衆議院文部科学委員会紛糾 [造反有理 から]
5月28日(金)、著作権法の一部を改正する法律案が衆議院で審議入りした。 審議中 続きを読む

受信 May 31, 2004 9:22:33 AM

コメント

コメントを書く