インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« オープン茶会 | トップページ | 寒いし・・・ »

2004.03.21

徴税システム

レッシグ教授がOpen Meetingの際にあげていたWilliam FisherのCNET記事とThe Registerの記事を教えてもらったので読んでみた。
これは、これからのコンテンツ流通の課金について、徴税方式をとったらどうかという提案だ。税金なりネットワーク料金なりデジタル機器の購入時なりから徴収し、それを分配するという形。
アメリカではブロードバンドユーザーに1ヶ月辺り6ドル余分に払わせればいいという。

問題になってくるのはやっぱり分配方式か。どれだけの人がどういうものを聞いているか、見ているか、を調べるシステムがどうしても必要になってくる。個人情報と直結しない形のランキング・・・。
彼の著書を読むしかないかも。P2Pと課税システムについて話をする時には、まず彼の本を読め、となるのかな・・・。少なくとも日本ではこれについて話をしている人はいても、きちんと分析した論文というのは見たことがない。

05:34 PM [著作権] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/333068

この記事へのトラックバック一覧です: 徴税システム:

コメント

コメントを書く