インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« CD20年の歴史 | トップページ | ゲーム通貨のトレード »

2004.01.28

訴訟から見る・・・

訴訟から振り返るファミコンの歴史という記事がITmediaででていた。
こういうのは結構面白いかもしれない。けど、パックマン判決とプログラムの著作物の連結を論じるのはどうだろう。あれはむしろ、PCが生まれて、ソフトウェアとハードウェアがわかたれたことから出てきたことだと思うんだが。まあ、ソフトが重要視されるようになったという意味ではおなじなんだけど。
あれを映画の著作物にした経緯についても、映画じゃないと取り締まれないから映画に含んだというのがあったと思うんだが・・・。

ファミコンも20年か・・・。あれを手に入れたのはいつだったっけ。小学校の時だったかな・・・?
当時は時間制限ギリギリまでやっていたゲームも、今では全然やらなくなったな。久しぶりにラグナロクでもやってみるかな・・・と思うけれど、多分ID消えてるだろうな(苦笑)
最後に起動したのは・・・もう1年くらいたってるかもしれん(汗)

07:39 PM [法律] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/144460

この記事へのトラックバック一覧です: 訴訟から見る・・・:

コメント

コメントを書く