インターネットの法と慣習 インターネットの法と慣習
ネットワークには固有の法律があるのではないか。HOTWIREDの連載をもとに加筆・編集された本。現在一番のお薦め。(記事)

« ココログル | トップページ | 統計 »

2003.12.28

by-nc-sa

についてわからないというのを見かけたので、ちょっと書いてみよう。

by-nc-saの英語コンテンツを日本語化して公開したいので有れば、それが誰のものの翻訳であるのかを明記し、「~の日本語化作品」みたいな感じの題名でもつけて、かつ、対価を取らない形(頒布コストも取っちゃ駄目らしい)であれば、公開・頒布ができることになる。
さらに、その日本語化コンテンツには、同様のライセンスを適用しなければならないから、日本語化コンテンツもby-nc-saライセンスが適用されることを宣言すればいい。

でも、なかなか改変可能な形でおいてあるコンテンツって無いように思う・・・。単純複製がOKなのが問題だと思うから、CeMの方が・・・と思うわけだが。


そういえば、インターネットマガジン2004年2月号を見た。
本当に真紀奈たん×レッシグ教授写真があったよ・・・。(こう書くとカップリングみたいだな)
・・・真紀奈たん×レッシグたん同人誌とかでていたら、やっぱりレッシグ教授は怒るんだろうか?普通怒るよな・・・。でも同人の実情ってそんな感じじゃないかとも思ったり。
ああ、真紀奈たんも露出の激しいのは駄目って書いてたから、両方とも駄目か。
私には絵を描く技術がないから、そんなもの描けないが。

01:22 AM [ライセンス] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1828/55295

この記事へのトラックバック一覧です: by-nc-sa:

コメント

コメントを書く